もしもアフィリエイトの始め方

もしもアフィリエイトのトップページ ブログ運営
もしもアフィリエイト

このブログで新たに始める事にしたASP『もしもアフィリエト』のサービス。

今日はまた少し進めていこうと思います。

 

スポンサーリンク

もしもアフィリエイトの始め方

昨日会員登録申請した『もしもアフィリエイト』

 

もしもアフィリエイト会員登録の記事

 

審査が無事に完了し正式会員登録されましたとのメールが来ました。

 

今回は最低限の最初の設定から使い方を覚えていこうと思います。

 

スポンサーリンク

はじめての方

もしもアフィリエイトの会員ページにログインしてとりあえずざっくり目を通す。

なんとなく分かる感じと、始めての所なので何から進めていいか分からない感じ。。

一通り目を通して、『はじめての方へ』の項目があるのでその流れに沿って勉強してみる。

 

もしもアフィリエイトはじめての方へ

 

これを全部目を通せば最初の段階で進めていくべき流れが分かります。

アフィリエイトで成果を伸ばすための37箇条

『はじめての方へ』の最後の項目から飛べる「アフィリエイトで成果を伸ばすための37箇条」。

ここではブログをレベルアップさせられそうな事がいっぱいあった。

特にGoogleサーチコンソールは知らなかった事なので後日導入してみよう。

 

スポンサーリンク

メディア登録と銀行口座登録

まずもしもアフィリエイトに登録して最初にやるのがメディア登録

自分のブログともしもアフィリエイトを紐付けるためにね。

 

あともう一つは銀行口座の登録。収益が出た場合の振り込み先だけど、ここも最初に登録しておきます。

 

それぞれ会員ページのトップにあるマイページの項目から進んで編集出来ます。

 

スポンサーリンク

リべ大ブログ

お金に関する事が学べるリベラルアーツ大学

自分も資産運用から税金、働き方やブログの作り方まで色々参考にしてます。

 

その中のリベ大 ブログ教室の記事で『もしもアフィリエイト』の解説から始め方まで詳しく載ってます。

 

楽天・Amazonと提携するなら「もしもアフィリエイト」がおすすめ!の記事

 

もうこれを見れば初期の設定や進め方は全部出来るし、流石にめっちゃ分かりやすい説明です。

 

スポンサーリンク

Amazonに提携申請

まず「もしもアフィリエイト」に登録して最初に目指すのはAmazonとの提携だと思う。

 

ブログを収益化する上で必要な広告収入。

その中でクリック報酬型のGoogleアドセンス。

 

もしもアフィリエイトとかのASPは成功報酬型

 

ただ企業の案件で成果を目指すなら、もう一つのASPの『A8.net』の方が有利だと思おう。

 

ズバリ「もしもアフィリエイト」の強みは、Amazonや楽天のアフィリエイトとの連携。

 

自分が普段買っているものを多く扱ってるし、ブログ読者もそのサービスを使ってるから興味を持ったら購入し易い。

 

なのでそこの商品をアフィリエイトで扱える用に提携申請を出していきます。

 

楽天はもしもアフィリエイトの会員登録時に同時に提携出来たのでAmazonをプロモーション検索して申請を出していきます。

 

もしもアフィリエイトAmazon提携申請

 

申請中になったので、しばらく審査の結果を待ちたいと思います。

 

Yahoo!ショッピング

ついでにYahooショッピングにも提携申請を出しました。

 

Yahoo!ショッピングに提携申請

こちらはすぐに承認されました。

自分はYahoo!ショッピングは利用した事が無いど、PayPayでの決算を使ってる人はこれからも増えていきそうなので、そちらのユーザーも購入しやすいはず。

 

とりあえず今日はここまで。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は新たに会員登録したASPの『もしもアフィリエイト』を少し進めてみました。

とりあえずはAmazonの審査結果を待って次の動きにしたいと思います。

 

了承を得れたら「楽天」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」の広告リンクを一つにまとめて作れる『かんたんリンク』の作成の仕方を覚えていこうと思います。

 

他にも、もしもアフィリエイト会員のランクを表すメディアオーナーランク』と言うのがあって、そこも成果を出すごとに上がってより良い条件になるみたい。

 

今は『見習い』というランクだけど。1円でも成果を出したら『一般』に上がれるみたいなのでそこも早く目指したいです。

 

まあでもAmazonの商品を扱えるようになるのが何よりベスト。

もし今回の審査を落ちても、すぐに次の手を打って無事提携出来るように専念していこうと思います。

では、今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました