広告クローラーのエラー

ブログ運営
Photo by Lauren Mancke on Unsplash
AdSenseからの警告

最近、Googleアドセンスから「広告クローラーのエラー」という警告が出るようになりました。

以前簡単に調べたところ、みんな放置してるみたいだったので、自分もそのままにしてました。

ただ何度も同じ警告が来るので、今回は「広告クローラーのエラー」が出る意味だけでも理解しとこうと再度調べてみました。

 

広告クローラーとは

そもそも「広告クローラー」とは何なのか分からなかったのですが、AdSenseのヘルプにも書いてありました。

クローラは、ウェブページのコンテンツの解析とインデックス登録に使用されるソフトウェアで、スパイダーまたはボットとも呼ばれます。AdSense クローラは、関連性の高い広告を配信するため、サイトにアクセスしてコンテンツを分析します。

要するに、Googleがベストの広告を出すために自分のブログを分析してるツールですね。

今回はアドセンスからだと思うけど、GoogleクロールとAdSenseクロールは異なっていて、それぞれで動いてるみたいです。

 

原因

今回出てきた警告はこちらになります。

広告クローラーのエラー警告

  • 部分的に影響を受けたサイト  1ページ
  • 問題の種類=クローラ:ページが見つかりません
  • 要修正   いいえ
  • サイトの状況  影響の範囲はページ単位のみ

これらの情報からエラーになった原因を考えてみます。

 

対処

考えたり色々調べてみたところ、おそらくは「プレビュー」が原因なんじゃないかと。。

今もですが、記事を書いてる時に、公開した場合の仮の画面を表示してくれる「プレビュー」の機能を使ってます。

プレビューのページは自分だけが見れる。

実際に「公開」をするまでに何度も「プレビュー」をチェックするので、たぶんAdSenseクローラーがそのプレビューのページを感知して、探しても見つからないと、エラーを起こしてると思います。

なので今回も対処法は放置で(笑)

 

まとめ
今回は時間を使って調べてところ、結局無駄足に終わった感はありますが、原因が想像出来てスッキリしたし、新たな知識も学べたので良かった事にします(笑)

 

AdSenseクローラーについては、設定も出来るみたいです。

詳しく紹介してるブログがあるので、再度問題が出てきたら参考にしていこうと思います。

WordPress で AdSense 広告クローラのエラーが出た場合の対処法

 

では引き続き、色んな問題に対処しながら、ブログ構築のためのスキルアップを続けていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました